トップメッセージ

皆様平素は当社をお引き立て頂き誠にありがとうございます。

数多くの冒険家達が商品取引、富、情報、名声を求め海に乗り出した大航海時代から約600年、現在に至るまで大量の荷物を安全に運ぶという海運の本質は全く変わることはありません。地球の表面積の7割を占める海洋がある限り、海運は間違いなくこの先も必要な成長産業です。

しかしながら、瞬時に世界を駆け巡る投機マネーは海運界にも流入、船そのものまでも取引商品にし、日々進歩する技術も相俟って、従来あった海運の常識を変えてしまいました。海運界への参入障壁は低くなり、資金があれば誰もが参入できる業種となりました。その反面、全世界規模での環境保全に対する厳しい規制、安全に対する取り組み等嘗てないほど船主に対する要求は厳しくなっています。私共はその複雑な構造の中で生き延び且つ発展していかなければなりません。そのために重要な事は船主業の基本に立ち返り、ステークホルダーの皆様との調和を基盤とし、安全/効率運航を達成するべく良質なサービスのご提供、環境保全への積極的な姿勢、並びに常に時代に即応した柔軟な発想と行動であると確信しております。

くみあいグループは1972年の創立以来、顧客の皆様を始めステークホルダーの皆様の温かいご支援により発展してまいりました。当社はそれを礎とし、1995年に親会社のくみあい船舶より6隻の船を買船し、競争力の強化と今後の海外展開を見据え設立されまた。当地シンガポールにて船主業を開始して以来、来年4月を持ちまして丸25年を迎えます。また2022年にはくみあいグループ創立50周年を迎えることになります。これもひとえに皆様のご支援・ご指導の賜物と、この場にて深く感謝申し上げます。未だ発展途上ではありますが、今後も少しでもステークホルダーの皆様のお役に立てるよう、役職員一同精進して参ります。

また当社は、持続可能な社会との共存共栄の考えに大いに賛同し、当社のみならずグループ全体で環境保全を目的とした“きづきの森”プロジェクトを通じ、微力ながら社会貢献が出来るよう努めて参る所存ですので、何卒一層のご指導、ご鞭撻下さいます様お願い申し上げます。

2019年9月